プレハブハウスは日本のいたるところで見られ、その手軽さで多くの場所で利用されていますか。

低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について

プレハブハウスについて

ちょっと前まで更地の何も無かった場所に、ある日突然家が建っていた。
そんな経験をした人は少なからずいることだろう。
それらはプレハブハウスと呼ばれる、プレハブ工法によって建築された戸建て物件だ。
プレハブ工法とは、あらかじめ工場で生産された部屋をトラックなどに積み込み、現場で組み立てる工法の事。
日本はプレハブハウスの生産戸数において世界一位を誇る。
冒頭の通りプレハブハウスは、非常に短期間で設置できる事が最大の魅力である。
工場から出荷されたパーツは、トラックに乗って現地まで運ばれ、組み立てられる。
既に出来上がったものを繋ぎ合わせるだけの作業なので、短時間での設置が可能になる。
また、震災などによって一部が倒壊しても別のパーツが生きていれば、その部分を居住スペースとすることができるのも強みの一つである。
破損した部分のプレハブハウスを新たに組み付けて元通りというわけだ。
実際にはそこまで単純ではないが、従来の住宅に比べて非常に手軽なのは確かである。
ここまでのプレハブハウスの説明を聞いていて多くの人は、その耐久性について不安に思ったことだろう。
簡単にできるものは簡単に壊れると言うのは当たっていて、実際プレハブハウスの耐久性能は低い。
日本の住宅寿命が他の先進国に比べて極端に短いのはこのプレハブハウスが多いが為である。
また、プレハブハウスは大量生産においては強みを発揮するが、少量生産ではメリットは半減する。
プレハブハウスの場合、工場と現場の2点に人員を割かなければならないのである程度の販売規模でなければ非効率的になる。
組み立て期間が短いというメリットも、工場での生産時間も合わせてみるとさほどの短縮ではない場合もある。
大量生産できてこそ、プレハブハウスなのである。
日本では何かと災害の後に活躍するのがプレハブハウス。
地震や台風などの後には早急にプレハブハウスが建設され、非難民の一時的な仮設住宅となっている。


Copyright(c) 2016 低価格が嬉しい プレハブ住宅について All Rights Reserved.