結露は住宅にとって大敵です。その発生原因と対策について紹介していましょう。

低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について

結露は住宅の殺し屋

住宅を傷める原因は数あれど、最も怖いのが結露である。
結露は住宅の殺し屋。
何も対策をしないと、せっかく購入した新築の戸建て住宅もあっという間に傷んでしまう事になる。
具体的な結露の被害はカビの発生と、建物の強度低下。
簡潔に書いたがその被害は非常に恐ろしい。
まずカビについてだが、カビは喘息をはじめ様々な病気の原因となる。
放っておくと健康を害する可能性が高い。
建物の強度低下と書いたが、これが相当に恐ろしい。
結露により木造部分は腐食するし、鉄は錆びる。
結露と乾燥の繰り返しによって内装材がヒビ割れてしまう可能性もある。
結露の原因は外気と室内の温度差によるもの。
空気は水分を含んでおり、温かいと多量の水分を含み、冷たいと少量の水分を含む。
室内の温かい空気が、窓際の冷たい空気に触れることで温度が変化。
上記の水分含有量の性質により、空気から水が溢れて水滴となるのが結露だ。
冬は換気も少なくなり、乾燥を防ぐためと加湿器をたいたりする。
これにより室内の湿度は非常に高くなる。
エアコンは空気の湿度を調整できるが、ファンヒーターをつけたら空気だけが温まって空気中の湿度はとても高くなり、結露の量も増える。
こうした悪循環が出来上がり、何の対策も施さなければ家屋の傷みは加速する。
対策としては結露を防ぐ事、結露で溜まった水滴はすぐにふき取る事などが挙げられる。
結露がしやすい場所というのは外気と接する壁際や、窓際。
そのあたりをこまめにチェックして水滴を処理する事は対策の一つ。
根本的な対策は室内の温度と湿度に気を配る事。
多少の我慢が必要になるが、換気をしっかりして、加湿をしない事が結露の防止に繋がる。
女性にとって乾燥はお肌の敵かもしれないが、住宅の敵である結露とどちらが大事か一度検討してみて欲しい。
結露の対策は中々一筋縄にはいかないものではあるが、その被害を考えると野放しにしておくわけにもいかない。
室内の結露が酷いようならば、何らかの対策を講じる必要があるだろう。


Copyright(c) 2017 低価格が嬉しい プレハブ住宅について All Rights Reserved.