液状化現象は近年非常に注目されている地震の二次災害の一つです。地盤に関する被害の為対策が難しいのが現状です。

低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について

恐怖の液状化現状

液状化現象の名前を聞いたことが無い人はいないだろう。
最近は度々新聞やニュースなどに登場して、その知名度を高めている。
液状化現象とは、地震の影響で地盤が緩み液状化する現象を言う。
土中には土以外にも、水、空気などが含まれている。
通常、土の粒がお互いにくっつき合っており、その間に水が存在している。
地震が起こることにより、土の粒が分離を起こし、水分によって土が浮き上がる。
そして次第に浮き上がった土は沈み込み、今度は水が地上に吹き上がるという現象だ。
土と水分によって引き起こされる現象のため、埋立地のようなもともと水分を多量に含んでいる地盤が液状化現象を起こす可能性を秘めている。
砂丘や、河川跡、水田跡なども液状化現象が起こりやすい。
液状化現象によって道路や戸建て住宅など、地上の建築物は非常に甚大なダメージを受ける。
屋内に浸水するだけならばまだしも、建物が傾いてしまう事になる。
場所や建物によっては倒壊する危険性も十分にある。
地中にある比重の小さな物質も浮き上がってくる、具体的には土管やマンホールなど。
東日本大震災、阪神淡路大震災、新潟地震などなど、いずれの地震でも液状化現象の被害報告があがっている。
とくに今回の東日本大震災では液状化現象によって、数多くの建造物が被害を受けた。
これに伴い液状化現象への関心は非常に高まった。
東京は埋立地が多く、液状化現象の被害が大きくなる可能性があると専門家は指摘する。
液状化現象の被害を想定したハザードマップには、多くの地域が含まれており話題を呼んだ。
東京では首都直下型地震と呼ばれる大規模な地震が起こるといわれており、この地震の被害は揺れよりも液状化現象により非常に深刻な事態に発展するといわれている。
液状化現象は地盤に及ぶ被害の為、対策を講ずるのが難しい。
地盤の改良によって防ぐ事はできるといわれているが、住宅が建っている土壌に施工するとなれば多額の費用がかかるため、実用的ではない。
早急な対策が求められている。


Copyright(c) 2017 低価格が嬉しい プレハブ住宅について All Rights Reserved.