注文住宅と分譲住宅、これら二つの物件を比較しています。どちらが自分に合っているのか考えてみましょう。

低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について

分譲住宅と注文住宅

住宅を新規に購入する際には大きく分けて、分譲住宅と注文住宅がある。
今回はこの二つの戸建て住宅を比較して、それぞれの特性について説明しよう。
一概にどちらが良いという事はなく、それぞれにメリットデメリットがあるのでどちらが自分に合っているのか参考にして欲しい。
分譲住宅は建売などとも呼ばれ、不動産会社が建てた新築物件を購入するタイプ。
一括して多くの住宅を建築するので建築コストを抑えることでき、注文住宅に対して安価で入手する事ができる。
すでに完成した物件なので下見が可能で、そこでの生活をイメージしやすい。
プロの思想によって設計されているので、使い勝手がよい。
また性質上、周りも分譲住宅で新規の入居者が入ることになるので、周りの住民とも接しやすいという点もある。
しかしながら、建売物件の為に自分で間取りや、内部の仕様を決められないもどかしさがある。
建築風景や、内部構造については実際に見ることができないのは、いささか不安を感じる。
注文住宅は、ゼロから作る自分だけの理想のマイホーム。
全てを自分の思い通りに出来るのは、最大の魅力。
建築中の現場にも入る事ができるので、工事の内容もチェックできる上に、自分の家が完成していく満足感もある。
最高の魅力に対してデメリットも目立つ。
何より必要資金が非常に高額な上に、総額が不透明な点は最大のリスク。
土地を自分で用意しなければならないので、時間も手間もかかる。
唯一無二の物件なので、完成前の下見ができない。
完成後のイメージが思い描いていたものと違ったり、実際には使いづらかったりなどという点も挙がる。
結論として言えば、無難なのは分譲住宅、注文住宅は夢と理想を現実のものにしたい人に適していると言えるだろう。
分譲住宅を妥協と考えるのか、注文住宅をリスクと考えるのか、人それぞれ判断が分かれるところ。
列挙したようにどちらにも一長一短あるので、あとは好みと資金の問題だ。
家は一生で一番大きな買い物となる、よく考えて後悔のないように選んでいきたい。


Copyright(c) 2017 低価格が嬉しい プレハブ住宅について All Rights Reserved.