引越しの挨拶にはある程度のマナーとルールがあり、一般的な挨拶の常識について紹介しています。

低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について

戸建ての引越し挨拶

最近ではあまり引越しの挨拶をしない人も増えてきた。
それでもやっぱり、良好な人間関係を維持するためにも挨拶はしておきたいところ。
挨拶する事でつまらないご近所トラブルを回避できるのならば安いもの。
さて、実際に引越しの挨拶をしようと思うと、いつ、どれくらいの範囲で、どのようにしたらいいのかといった疑問が浮かび上がる。
ここではそのあたりの引越し挨拶の一般常識について触れていく。
まず引越し元への挨拶。
これまでお世話になった近所の人たちに挨拶をする。
だいたい引越しの3日前くらいには挨拶をしておくと良いだろう。
基本的に引越し元の近所への手土産は不要。
引越しの挨拶に行くと、選別として何かをいただく事もあるかもしれない。
その場合は、引越し先の特産品などを近況報告のメッセージと共に送ると良いだろう。
もちろん、個人的にお世話になった人には特別に何かをしてあげるのは問題ない。
中には送別会を開いてくれるような温かい近所の方々もいることだろう。
引越し先への挨拶が重要。
これから先、一緒に生活を共にする引越し先のご近所様。
最初の第一印象が肝心で、ここで良い印象を与えておくとその後がぐっと楽になるだろう。
タイミングとしては引越しの前に済ませておく必要がある。
引越しの際には忙しくてとても挨拶ができない可能性が高く、当日の引越しで近隣に迷惑をかけてしまう可能性があるので事前に挨拶をしておこう。
範囲は自宅の両隣、裏側、向かい三軒が目安。
戸建ての立地によって挨拶の範囲は変わるが、挨拶をするかしないかで迷ったならばとりあえずしておいた方が後々困る事は無いだろう。
手土産は正式には水引きで紅白の蝶結び、表向きにはご挨拶と表記されたものを用意する。
もっともそこまで気にする必要ないかもしれないが、マナーに厳しい人相手の場合にはそのあたりのことまで配慮すると良いだろう。
また、形だけにこだわって、気持ちを忘れないようにしよう。
何はなくとも、これからよろしくお願いしますと添えることだけは忘れてはいけない。
挨拶が終わったら、新しい生活の幕開けだ。


Copyright(c) 2017 低価格が嬉しい プレハブ住宅について All Rights Reserved.