戸建て物件における塀の高さはプライバシーと防犯のせめぎあいです。

低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について
低価格が嬉しい プレハブ住宅について

塀は防犯とプライバシーのせめぎ合い

今回は塀の防犯とプライバシーに関する話をしようと思う。
マンションにおいて一階部分が嫌われる理由は防犯とプライバシーの面で劣っているからだ。
一階は外部から侵入しやすい上に、外から内部が見えやすい。
こうした事情は戸建て物件にも同様の事が言える。
戸建て物件ではプライバシーを守る為に塀を設置するわけだが、そこには防犯とプライバシーのせめぎ合いがある。
一般的に泥棒が入りづらい家というものは、塀が低く見通しの良い物件といわれている。
しかし、それは裏を返せばプライバシーが守られていないという事に繋がる。
塀を高くし、外からの視線をさえぎってしまえばプライバシーは守られるかもしれないが、内部に泥棒が侵入しても誰も気づかないという事態になりかねない。
どちらをとるかは非常に悩ましい問題なのだ。
中には塀を高くしたり、トゲのある植物で塀を作ったりして侵入を防ごうとする家がある。
残念ながら泥棒の侵入経路は塀ではなく、正門から直接入ってくるので効果の程は薄い。
刑務所のように門に見張りを立てておくことが可能であれば、防犯効果は高いかもしれないが現実的ではない。
よって、全ての侵入経路をふさぐように塀と門を設置できるのであれば、一定の効果はあるだろう。
ただし、高い塀というのは一度内側に入ってしまえば、泥棒の味方になってしまうという事は忘れてはならない。
プライバシー保護の観点から言えば、おおよそ人間の目線の高さは1.5メートルから、1.8メートル。
これだけの高さがあれば一階部分のプライバシーは守られるだろう。
当然ながら、これだけの高さがあれば泥棒が内側に隠れてしまうのは非常に容易い。
また、高い塀は非常に圧迫感がある為、内側の人間にとっても心理的なストレスになりかねないという問題もある。
いずれにせよ、防犯とプライバシーは反比例する性質を持つ。
防犯とプライバシーのバランスをどれくらいの比率で保つのか。
人によって考え方は様々だろう。


Copyright(c) 2017 低価格が嬉しい プレハブ住宅について All Rights Reserved.